NO MUSIC  NO LIFE


今は昔、

世の中でCDが何百万枚も売れた時代がありました

今や、すっかりCDを買って聴くというスタイルはなくなったけど

当時はおれもタワーレコードに行ってはいろんなCDを物色していました

ジャンルごとに設置された視聴コーナーで手当たり次第聴いておりました

結構いろんなタイプの曲のCDもたくさん買って聴いた方だと思うのだが

その中で合わなかったというか、ほとんど手を出さなかったジャンルは

①クラシック ②テクノ、そして③ハードロックだった

クラシック、テクノというのは考えてみると歌がないので、つまらなかったんかな。やっぱり歌が好きだからかな、という分析です

だけど、③ハードロックについては、なんか合わなかったのよね

視聴コーナーで新しいハードロックバンドも聴く

いつも視聴はだいたい何曲かイントロを聴いていくのだが

大概ハードロックの1曲目の始まりは格好いい

始まりのギターのリフとか「おお。これはいいね」みたいになる

続けて2曲目も大概ノリがいい

「これは買い、かな このバンドは当たりか」‥‥

と思わせといて3曲目に行くと、いきなり壮大なバラードが始まる

「おいおいおい」

そしてスキップ、スキップと曲をすすめると、あと3曲くらいは

スローバラードみたいなのがでてきて

「あー、これは絶対退屈やわ、これは聴かんわ」となるのがほとんど。

これが、おれがもつハードロックのイメージ。

CD買ってみても、視聴してみてもなんかこのパターンが

多いきがして、そこからはあんまり聴かなかったですね

変な話、ボサノバとかも気に入って聴いたりしたし

ゆるりとしたCDも聴くけど、

ノリのいいのを求める中で極上のバラードが何曲も入っていると

興味がなくなってしまった

ハードロックでもいろいろいろあるんだと思うけど

自分の性に合わなかったんですかね

まぁ今になって聴くと、もっと初期の頃のハードロックは

(ディープパープルとか、AC/DCもそうなのかな)

古き味がある感じでいい気はしますけどね

CD、買わなくなったですね

何百枚も買ってましたけど

今はなかなか、新しいバンド、アルバムもあんまり聴けてないな

作曲するときも、過去の遺産でつくってる感じです

月刊アーカイブ

鬼ごろし屋 HP

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now