一枚岩

ただいま

今週はずっと大阪でした

まあでもライブはいけるような環境ではなかったので

またいづれ。

一枚岩のハナシ

昨年の鬼ごろしライブイベント「酒蔵3」に出てもらった

徳島のハチャモケフォン というバンド

最近彼らのホームページ見ると、ベースのハチャべーさんが

脱退する旨のお知らせがあった

やはり団体活動それぞれ事情があり、長く続けるのも難しいということか

自分の中でバンドでメンバーがガッツリ”一枚岩”っていうイメージは、

かつては「BLANKEY JET CTIY」だった

まぁ絆というのか、あうんの呼吸のような、バンドと違うところで

”人間が繋がっている”感じがあった

ブランキーは解散してしまったが今でもそう思わせるバンド

現役で言えば、文句なく「BUCK-TICK」だ

出てきた当初はヴィジュアルの親玉のような存在で

どちらかといえば色ものというか、キャーキャーいわれるイメージだった

インディーズ時代の映像は当時ほとんどギター弾けないおれでも

へったくそやなぁ・・と思ったほどだった

しかしそれから30年  この存在はとてつもないものになった

曲も実験的な試みもしながら、コアなファンをガッッッチリつかんでいるのか、

メンバーもかわらず、まさに不動の一枚岩、と言うバンドだ

曲を聴いている、というわけではないのだが

このスタイルでこの年月ぶれずに活動しているのにはホントに尊敬する

すげえ。

さて、 鬼ごろしはどうかな