「クラッシュピストルズ」


パンクの中でも初期パンクの代表格は

「SEX PISTOLS」と「THE CLASH」かなぁ、と思う

アーティストの中でも「強烈な印象をもったアルバム」、

「影響を受けたアルバム」、のラインナップにピストルズの

「NEVER MIND THE BOLLOCKS」が入っていることも多い

数多のロックバンドも「はじめて聴いたときに、なんじゃこりゃぁ、

と衝撃を受けました」とコメントをあげているのをみて

ピストルズっちゃそないにすごいんかいな、と思っていた

自分は初期パンクが現役の頃、タイムリーで聴いていたわけではないので

もうすこし後になって聴くことになるのだが、どんだけすごいんかな、

というハードルはあがっていた

しかし、音楽もどんどんいろんなジャンルが出てきて、スピードや激しさも進化している中で、

はじめて聴いたピストルズは

逆に「なんじゃこりゃぁ!」だった

スピード感も激しさも感じず、これが噂のピストルズか?という衝撃を受けた

クラッシュもロンドンコーリングのアルバムジャケットはすごくイカしている

が。

アルバムの内容はレゲエやスカっぽい要素をパンクに織り交ぜながら構成していて、期待した衝撃をうける激しいものではなかった

しかし当時、存在しなかったパンクというジャンルを生まれて初めて見た人の

衝撃は、やはり、なんじゃこりゃぁ!だったんやと思う

これが曲か?こんなライブがありか?みたいな

この曲とライブパフォーマンス、あとはスタイル

とにかくパンクスタイルが格好いい

ピストルズのベースのシドヴィシャスは象徴的な存在だ

それは、今の自分がみても格好いいと思うし、前衛的だったなと思う

今のバンドのスタイル、ジャケットデザインなんかをみてもここが出発点やなと感じるものがたくさんある

そして、やはりたいしたもので、だんだん聴くうちに初期パンクも

自分にしっくりくるようになっていて、今では”なんじゃこりゃぁパンク”も

好んで聴いたりしている