王道とアンチ


guitar・vocalキッツァンです

今日は久々にブログっぽいハナシ

鬼ごろしは3ピースなので

2人が前列に位置しています

左サイド 

bass OB(オービー)         右サイド 

                   guitar・vocal キッツァン

この2トップは性質が違います

OBはどちらかというとロックに対しての感覚が 正統派 

例えばライブの時は、靴も尖ったロックっぽい服装

煽りも「いくぜーっ」みたいな感じ

←そしてこういったバンドの一体感が

でる感じ

演奏中のギターとの絡みのかっこいい

感じも好みます

逆におれはどちらかというと、格好つけきれない

というのか、照れがあるのか

なりきれないのでちょっと違うカタチで

演出しがちです

自分の思うロックの定番っぽいものとしては

ロック=英語=格好いい

みたいなイメージもあって

おかげで横文字にもちょっと抵抗があって、歌詞にもタイトルにも

英語の文字はほぼ出てこなかったり

ギターもボリュームのつまみが全て外されていたり(関係ないか)

わけ分からん部分もふくめて、”ちょっとみんなと違うよね”

という部分に価値を求めてるところがあります

すごい細かいことまで言うと、

バンドの「フライヤー」にしても

バンドイベント開催して、2回目になると「Vol.(ボリューム)2」というのがつくんですよね

バンドの人は、やたらこの「vol」を使ってくるんですが、

おれからしたら、この「ボル」ってなんや、と思うわけですよ

普段「ボリューム」なんて冠をつけて、数字をカウントしないし

なぜバンドになればVolなのか

もしこれが単に、「他のバンドの人もVol.にしてるから Vol ぢゃ 」

これがバンドの定番、

みたいな理由なら、個人的には「ボル」はいらないのです

でもOBは、つけたほうがいいなー、といったのでフライヤーには

ちゃんとVol、と入れています

OBは、きちんとしたい性分やし「Vol.4」とかなってる方が気分がのってくる、みたいなとこもあるんかなと思うし、まぁ字面のバランスもいいのかもしれませんね

王道とはみんながイイと思えるものが王道なので、良いだろうけど、でもそれだけになるとちょっと面白味がない

かといって、ひねるばっかりではマニアックになっていくので

鬼ごろしの前列2人は、ステージングの際も

ストレートな部分と、くせがある部分のほどよい加減を

2人でバランスとっているのではと思ったりしてます

キッツァン