4月総括(鬼ごろし編)

キッツァンです

4月23日は鬼ごろしの日

何年かぶりに髙松モンスターでLIVEしてきました

モンスターパーティー というライブハウス

企画のイベントに参加して

初見のバンドと対バンしました

共演バンドも 鬼ごろし初見。

お客も 鬼ごろし、何それ? みたいな。

そういう、鬼ごろしをしらないお客さんに

「なんかええやないの」、と感じてもらえて

知らん曲やけどサビで手あげたりして楽しかった、と思ってもらえる

そのためにどういうライブをするのか

そして、鬼ごろしを目的に観に来てくれるお客さんには

新しい部分を取り入れて、次もまた来たいな、と思ってもらえる

そのためにどういうライブをするのか

こういうことが個人ではなくてバンドのレベルでみんなの

意識にないとダメだと思う

メジャーを目指しているとか目指さないからいいとか

そんな問題ではないのだ

ライブは、聴いてくれる誰かにむけて演奏している以上

基本はそこなのだと思う

最近おれはそういうことをバンド内で意識付けするような発言が

非常に多いです

キッツァン