御令嬢 (2015)

6/22/2019

あざ~~~ッス!

BassのOBです!

 

『鬼ごろし』ナンバーを

紹介するコーナーです。

 

今日、紹介するのは

「御令嬢」です。

 

この曲は2015年頃に出来た

曲で、何か古臭い歌謡曲の

ような感じのナンバーです。

 

ミディアムテンポで、これも今思えば『鬼ごろし』にはなかった

異色な歌謡ロックやったかな。

最近では、もうライブでやらなくなってしまいましたが

何せこの曲はメロが多いんよね。

 

Aメロ、Bメロ、サビ、Dメロ、Eメロまであります。

 

普通の曲ならサビで終わると思いますが、この曲の場合

間奏あけからDメロ、Eメロとまた違うメロが入ってきて

サビに戻らぬまま曲が終わるという変わった構成になってます。

 

そして歌詞の方はというと

『鬼ごろし』女シリーズ続編で平成時代の女性を描いた話です。

 

主人公はお金持ちの令嬢で、いわゆるギャルという女性達を

見下したツンデレなお嬢様。

 

ミニスカにニーハイブーツ。だた見せるだけがおんなの武器ではなく

「必死なだけの女はモテないわ」と自分を完璧な女と自負している。

 

買い物もお金でするのではなく、「一族の名前と信用でするもの

なのよ」と小金持ちの箱入り娘なんかと一緒にするなと

言わんばかりの筋金入りのお嬢様。

 

それに寄ってくる男どもが酒で酔わして手篭めにしようとも

ザルのような酒豪で、男性経験豊富なお嬢様は逆に

四十八手で畳み掛けるツワモノなのだ。

 

この曲の歌詞は女性言葉も多く使われているのでキッツアンの

女性的な歌も聴きどころやね(笑)

 

ちなみに今度は令和時代の女シリーズも作ってもらわねば(笑)

 

 

 

Please reload

【長月】

09/12/2020

1/10
Please reload

月刊アーカイブ

Please reload

09/12/2020

Please reload

鬼ごろし屋 HP

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now